現代で人気のある葬儀

近年は昔ながらの慣習に縛られた葬儀も減りつつあります。都心を中心に費用を抑えてコンパクトにとり行える葬儀が増えていて、それは遺族の意向や、あまり葬儀を派手にしてほしくないと遺言に託す人が増えているからという理由があります。最近は家族葬が一般葬に代わり人気が出て来ています。家族葬は近親者だけ、または故人と親しかった数人の友人のみ招いて行われる葬儀です。小規模で会葬者が少ないので、通夜振舞いや香典返し、会葬返礼品などを用意する必要がなく、コストを抑えることができます。家族葬と混合されることが多いのが「密葬」です。密葬も近親者のみで簡単に葬儀を行うことを指しますが、密葬の場合は、後で本葬や社葬、お別れの会などを行うという前提があります。

これは年末年始や何らかの事情があり、とりあえず先に火葬を済ませてしまっておいた方が良い場合に行われます。特に有名人などは、密葬で済ませて、後に「別れの会」や「偲ぶ会」などが行われるケースが多くあります。また、もう一つ密葬と混合されやすいのに「直葬」というのもあります。直葬は宗教的な儀式を行わずに、火葬場で家族のみで簡単な火葬、お骨上げを行うことを指します。昔は一般葬を行いたくても経済的な理由で出来ない人が、仕方なくするのが直葬でした。しかし、今は特に経済的な理由がなくても、通夜や葬儀を行う煩わしさをを避けたいという理由から、あえて直葬を選ぶ傾向があるようです。

話題の情報に興味をお持ちの方へ