葬儀の規模を独断で決める事の意味

大切な人との別れは必ずやってくるものです。その最後の別れの場としての葬儀は誰しもが大切にしたいと考えると思います。とはいえ、実際には様々な問題が多く最近では近親者のみで執り行う家族葬も増加の傾向にあります。ですが、実際に『近親者のみ』としたところで後から『なぜ呼んでくれなかったのか?』ということを言われることもしばしばあります。ケースバイケースではありますが、関係が途絶えるきっかけになりかねません。

もしも故人の意向が生前にはっきりとしていれば言うまでもなくその通りにすべきですが、わからないことだってあると思います。そういった場合に単純に『煩わしい手続きは避けたい』であったり『少しでも費用をおさえたい』という理由のみで規模の小さい葬儀を選択することはオススメしません。もちろんどうしても資金的に苦しい場合や、事情により小さい規模での葬儀にせざるを得ない場合もありますが。そうでないならきちんと親族で後悔のしない選択をするべきです。

話題の情報に興味をお持ちの方へ