葬儀の方法も自分の好みで

昨今の葬儀に於いては、色々な行われ方が増えて来ているようで、私の主人も、自分の葬儀の時には、好きな音楽を流してもらいながら、やってほしい、音楽葬が良いなどと、今から言っています。じゃあ私はどの様に、しようかな、などと考えては見るのですが、これと言って、特別な希望もないので、具体案が、浮かびません。取りあえずは、私は大の写真嫌いなので、絶対に、遺影とかいうものは、まず必要ないというか、要らないですし、戒名何て言うものも、全く不必要だと思いますし、勿論、その後に入るお墓も要らないしと言った具合です。

子供たちには、ずいぶん昔から伝えている事なのですが、取りあえず、焼いてくれればいいからと言う事と、その方法も、市に依頼すれば、最低料金で、出来るからとも伝えてはいます。でも、不思議に思う事は、葬儀に関して、自分の場合に於いては、出来る限り簡略的にやってほしいと、願っているのは確かなのですが、自分以外の近親者にはおいては、十二分にやってしかるべきだと、考えてやみません。きっと、どなたに於かれましても。私と、同じ様なお考えだとも思います。それもあり、まだまだ簡略化が徹底されないでいるのでしょうか、とも思います。それでも、以前に比べ、大分自分たちで選べる時代になって来ている事は、確かになって来ている様に思われますので、良い傾向だと思っています。もっともっと、これから先も、時代とともに、変わって行くことでしょうと、考えます。

話題の情報に興味をお持ちの方へ