葬儀も自分のスタイルで選ぶ時代

大切な家族が亡くなると、お別れをするために葬儀を行います。喪服を着て悲しんでいる家族をイメージする人も多いと思います。確かに、大切な家族との別れは、胸が張り裂けそうになるほど悲しいものです。しかし、最近では、そんなイメージとは逆に明るく笑顔で別れを告げる人も増えています。それは、故人が自分の葬儀をプロディースするというスタイルが、浸透してきている証拠でもあります。では、どのようにプロデュースするのでしょうか。まず、最近増えているのが生前葬です。亡くなってからではなく、生きているうちに葬儀を行うものです。自分の好きな人を呼んで好きな服を着て、まるでパーティーのように賑やかに行えるのが魅力のようです。

また、生前葬のメリットは、お互いに感謝の気持ちを伝えることができると言うことです。ありがとうと言う言葉は、親しい間柄になればなるほど伝えづらくなる言葉でもあります。ちょっと気恥ずかしいと感じたり、言わなくてもわかっていると思ってしまうので普段口にする機会が少ないようです。そのため、生前葬を行えば、素直に感謝の気持ちを伝えることができます。また、生前葬でなくてもあらかじめどのような葬儀にしたいのかを伝えておくのもいいようです。祭壇の種類やどんな花を飾るか、またBGMを好きな曲にしてもらうことも可能になるので明るい雰囲気にすることができます。別れと言うよりも大切な人の新たな旅立ちとして捉えることができるようにもなります。