一般葬の葬儀の基本的な流れ

葬儀は故人の親族や生前に親しかった人たちが集まって別れを惜しみ、霊を弔う儀式です。日本では仏教に沿ったかたちで行われる仏式の葬儀が9割を占めます。残りはカトリックやプロテスタントによるキリスト教式の葬儀や神式の葬儀、また無宗教葬というのも最近は多くなっています。宗教によって葬儀の形は全く違ったものになります。仏式の葬儀の場合、一般葬とも言われており、流れとしては、通夜のあとに葬儀、告別式が行われます。ただ最近は格式ばった一般葬が少なくなり、葬儀と告別式が一体化した形で行われることが多くなっているようです。通夜は葬儀の前の夜、午後6時か午後7時くらいから行われます。僧侶の読経と参列者によるお焼香がメインで、最後には参列者が通夜通しという食事を食べて生前の故人を偲びます。

葬儀と告別式は、斎場のスケジュールによって違いますが、正午12時から2時くらいまでの間に行われます。葬儀も読経とお焼香があり、お焼香の跡には参列者はお棺の中に花を手向けます。その後に出棺があり、火葬場までお棺を運ぶことになります。昔は遺族がお棺を担ぎ、その後に参列者全員がついて歩き、火葬が行われる火葬場まで行くのが習わしでした。しかし今はそうした風習もなくなり、斎場の隣に火葬場がある場合は、告別式のあとに直ぐに火葬になり荼毘にふされます。遺族はその後お骨上げ(骨拾い)をして、お骨を骨壷に収めて一通りの儀式は修了します。

話題の情報に興味をお持ちの方へ